摂食障害について

摂食障害はどんな病気?

摂食障害は食行動を中心にいろいろな問題があらわれる病気です。摂食障害は主に神経性やせ症・神経性過食症・過食性障害のことを指しますが、ここでは神経性やせ症と神経性過食症について説明します。

神経性やせ症

神経性やせ症では体重や体型の感じ方が障害されます。患者さんは明らかにやせていても、それを異常と感じられません。やせるために食事量を制限しますが、その反動として過食する方もいます。その場合、嘔吐や下剤の大量使用などにより体重が増えるのを防ぎます。神経性無食欲症・拒食症などと呼ばれてきましたが、必ずしも食欲が無いわけではなく、また過食が見られることもあることから、神経性やせ症という新しい病名が提唱されています。心身両面のケアが必要ですが、どちらも低栄養がすすむほど治療が難しくなるため、早期の対応が求められます。

症状

身体症状としては、正常下限を下回るやせがあり、成人ではBMI(注)が15kg/m2未満になると最重度と診断されます。やせているのに活発に活動することが多くみられますが、やせに伴い次第に筋力低下や疲れやすさを感じるようになります。低血圧、心拍数低下、低体温、無月経、便秘、下肢のむくみ、背中の濃い産毛、皮膚の乾燥、てのひらや足の裏が黄色くなるといった変化がみられます。過食や嘔吐がある場合には、唾液腺が腫れたり、手に吐きだこがみられたりもします。血液検査では脱水、貧血や白血球減少、肝機能異常、低タンパク血症、高コレステロール血症などがみられます。嘔吐や下剤を大量に使うことなどにより電解質異常をきたします。また、骨粗しょう症や腎機能障害もみられます。低体重が長期間続くと脳の萎縮もみられるようになります。

精神面での変化としては、やせの影響でうつ気分や不安、こだわりが強くなってきます。やせていることで満足感は得られますが、根底には自尊心の低下が存在しています。
本人は自分がやせているとは思っていないことから、心配する周囲の人たちとの関係が悪化することがあります。体力低下に伴い、学業や仕事の能率の低下もみられるようになり、日常生活にも支障がでます。

低栄養による身体・心理的症状

注:BMI(Body Mass Index)=体重(kg)/身長2(m)18.5未満はやせと分類されます。

経過と予後

ダイエットを契機に発症することが多い病気ですが、体重をうまく減らせると、一時的に達成感や充実感が得られ、さらに極端な食事制限や偏った食事を追及する、という悪循環に陥ります。その結果、極度の低栄養状態となります。また、無理なダイエットの反動として過食に走り、拒食と過食の繰り返しで病気が長期化する方も少なくありません。神経性過食症の状態に変わることもあります。低体重や低栄養による体の影響は、深刻なものが多く、最悪の場合、死にいたることもあり、適切な治療が必要です。

治療

治療は、食行動の改善、それに伴う身体面の改善(体重増加や月経の回復)、こころや偏った考え方の改善、学校や職場で過ごしやすくなることなどを目標とします。認知行動療法、家族療法などの心理療法が有効とされています。薬物療法としては一部の向精神薬が偏った考えなどを柔らかくするかもしれませんが、薬物療法だけでは問題は解決しないことがほとんどです。
ご本人はあまり受診をしたくないという方も多いと思いますが、ご家族の協力も得て、勇気を出して受診してみましょう。低栄養・低体重のこころや体に対する影響を正しく知ることが治療の第一歩となります。その上で、三食規則正しく食べ、健康的な食事に心と体を慣らしていきます。食事量については主治医のアドバイスを受けることをお勧めします。また、「食べたいけれども怖い」「体重を増やさないといけないけれども増やすのが怖い」といった強い戸惑いも治療の上で生じます。その場合は、主治医に相談しましょう。毎回休まずに受診をして、三食食べても体重は急激に増えないことを実感することは、食事や体重についての偏った考えを少しずつ変えていくために重要です。また、栄養が改善するだけでも考えが柔らかくなる場合も多く見られます。
家庭・学校・職場での人との関わりが病気の進行と大きく関わっていることも少なくありません。ご家族と共に受診されることをお勧めいたします。

一般にまずは外来治療で治療を行いますが、低体重が著しい場合や立ち上がったり階段を登れなかったりといった体が極端に弱っている場合、このほか体重が急に減った場合や、電解質異常などの体の異常・精神症状が強い場合などに、入院が必要になることがあります。また、外来治療で改善が見られない場合は、ご本人・ご家族と相談の上、入院治療が行われます。低体重が著しくなくても、入院治療の効果が期待され、すすめられる場合もありますので、主治医とよく相談しましょう。

神経性過食症

神経性過食症とは、食のコントロールができなくなり、頻繁に過食をしてしまう病気です。神経性大食症と呼ばれることもあります。過食に加え、嘔吐など、体重を増やさないための行動が見られますが、どちらも人前では出ない症状のため、周囲は気付かないこともあります。自分でも病気とは思わず、援助を求めないことが少なくありません。治療を受けない状態が続くと、身体症状が進んだり、うつや不安が強まったりすることもあります。神経性過食症と、健康な人にも時には見られる「やけ食い」などの行動とはっきり区別できない場合もあり、病気かどうかを判断するのは難しい面もありますが、病気としての神経性過食症の特徴を良く知り、あてはまる部分が多い場合は、医療機関に相談しましょう。

症状

神経性過食症の過食は、大量の食物を、詰め込むように一気に食べるのが特徴です。英語のbinge eatingを訳して「むちゃ食い」と言うこともあります。意志の力で止められるはずだと思われがちですが、自分では止められず、コントロールできない感覚が強い場合がほとんどです。米国精神医学会の新しい診断基準では、週1回でも過食があれば治療が必要とされています。
また、吐く、下剤を使うなど、体重を増やさないための行動が見られます。過食時間以外は絶食という場合もあります。嘔吐が続くと唾液腺が腫れたり、歯の表面が胃酸で溶けたりすることもあります。嘔吐や下痢(下剤常用の場合)でカリウムが失われ、不整脈が出ることもあります。体重は正常でも、血液検査や心電図検査が必要だと言えます。

心理的には、体重次第で自己評価が変わったり、気分の浮き沈みがあったりします。100gでも体重が増えると、生きている価値が無いと思ったりしてしまいます。また、完全癖も強く、少しでも体重が増えると失敗だと思う傾向があります。過食の後は体重増加や疲労感から学校や職場に行けなくなったり、過食代に多額のお金がかかったりするなど、生活面にも影響が出ることが少なくありません。

経過と予後

神経性やせ症の経過中に始まる場合もありますし、軽いダイエットの後、発症する場合もあります。ストレスに対するやけ食いが習慣化し、それに嘔吐が加わる場合もあります。過食と嘔吐や下剤乱用とのバランスで、体重は低めになることもありますし正常体重のこともあります。嘔吐が激しいと、過食嘔吐の悪循環が続き、長期化しやすいと言われています。うつ病やアルコール乱用が重なる場合もあり、このような場合は、神経性過食症以外の症状にも目を向けて治療する必要があります。

治療

治療には、過食嘔吐を減らし、うつや自信の無さを改善し、職場での生活を助けるなどいくつかの軸があります。ご本人は「過食を止めたい」と希望することが多いですが、過食以外がほとんど絶食の状態で過食を止めるのは難しいことです。最初は「過食ゼロ」よりも、食事の規則性やコントロール感を取り戻すことを目指します。このために、毎日の生活パターンを把握し、生活のリズムを決めます。その上で、薬物療法、心理療法(認知行動療法など)を行います。
薬物としては、SSRI(注)などの抗うつ剤が過食嘔吐を減らす効果があると言われています。ただし、長期の効果については不明で、薬物だけでの完治は困難だと考えられています。
認知行動療法も効果があります。これは、症状やその背景の気持ちを本人が記録し、それを検討しながら、症状コントロールについて考えていくものです。

外来での治療が基本ですが、生活リズムを改善できない場合、身体症状が強い時、うつが強く、薬物調整をしたり閉鎖病棟で治療をする方が良い場合は入院治療を行う場合もあります。

注:選択的セロトニン再取り込み阻害剤と言われる抗うつ剤で、従来の抗うつ剤より副作用が少ないと言われています。

代表的な摂食障害の特徴