研修案内

摂食障害に関連する研修をご案内いたします。お問い合わせは、各研修情報の「申込み・問い合わせ先」までお願いします。

第8回神経性過食症に対する認知行動療法(CBT-E)研修会

主催 日本心身医学会、日本心療内科学会、日本摂食障害学会合同ワーキンググループ
日時 令和3年11月14日(日)9時30分~17時30分
場所 Zoomを用いてのオンラインでの開催です
(本部:東邦大学医療センター大森病院
〒143-8541 東京都大田区大森西6-11-1)
対象者 医療機関に勤務する医師、看護師、精神保健福祉士、公認心理師、栄養士などの国家資格、および臨床心理士資格を持つ医療従事者
プログラム

2018年4月より神経性過食症に対する認知行動療法に対して診療報酬を算定することが可能となりました。本研修会は、「摂食障害に対する認知行動療法CBT-E簡易マニュアル」に沿って行う予定です。

受講料 会員(心身医学会、心療内科学会、摂食障害学会いずれかの会員):10,000円、非会員:15,000円
申込み・
問い合わせ先

【申込】
申込用紙にご記入の上、E-mailにて事務局宛に2021年11月5日(金)までにお送りください(Emailでの送付が難しい場合には、FAXをご利用ください)。
E-mail:2019cbte@gmail.com
FAX:047−372−1858
※申込用紙につきましては、下記URLのダウンロードをお願いいたします
http://www.jsed.org/wp-content/uploads/2021/09/8thCPTE.xlsx

【お問い合わせ先】
神経性過食症に対する認知行動療法CBT-E簡易
マニュアル運用のための研修会ワーキンググループ事務局
国立国際医療研究センター国府台病院心療内科
E-mail:2019cbte@gmail.com

参考資料

世界摂食障害アクションデイ2021
~摂食障害治療と支援のイノベーション(新時代)~(終了しました)

主催 一般社団法人日本摂食障害協会、摂食障害全国支援センター
日時 令和3年6月6日(日)13時30分~15時45分
場所 Zoomを用いてのオンラインでの開催です
対象者 どなたでもご参加いただけます
プログラム

【第1部】
開会ご挨拶
■一般社団法人日本摂食障害協会 理事長 鈴木眞理 先生
■中村学園大学 中村学園大学短期大学部 学長
特定非営利活動法人日本心療内科学会 理事長
一般社団法人日本摂食障害協会 特別顧問 久保千春 先生
■公明党 摂食障害プロジェクトチーム (ご依頼予定)
■日本摂食障害学会 理事長
なんば・ながたメンタルクリニック 院長 永田利彦 先生
■一般社団法人日本摂食障害協会 アンバサダー 原裕美子 様

コロナレポート
■一般社団法人日本摂食障害協会 理事 西園マーハ文 先生

ご自身の体験と就労について
■VALT JAPAN株式会社 代表取締役 小野貴也 様

質疑応答

【第2部】
開会ご挨拶(摂食障害治療支援センター設置運営事業の紹介)
■厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 中川良昭 様
■国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 所長 金吉晴 先生

市民公開講座
「治療と支援の充実を目指して」
「摂食障害治療のすそ野を広げる取り組み」
■福岡県摂食障害支援拠点病院 高倉修 先生
「摂食障害の治療施設を増やす取り組み」
■静岡県摂食障害支援拠点病院 竹林淳和 先生

総合討論
「摂食障害からのリカバリーのために何が欲しいか、何が足りないか、何ができるか」
■厚生労働省 社会・援護局 障害保健福祉部 松井佑樹 様 / 田中裕記 様 / 中川良昭 様
■一般社団法人日本摂食障害協会 理事長 鈴木眞理 先生
■摂食障害支援拠点病院(各拠点病院より1名)

定員 300名程度
参加料 無料
申込み・
問い合わせ先

【お申し込み】
事前のお申し込みが必要です。下記URLよりお手続きをお願いします。
https://select-type.com/ev/?ev=WpNxpZT2cvE
※締切:2021年5月28日(金)17:00
※定員に達した場合は申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。

【同日開催】私たちの主張2021
主催:一般社団法人日本摂食障害協会
日時:2021年6月6日(日)10:00~12:00
場所:オンライン(ZOOM)
対象者:どなたでもご参加いただけます
お申し込み:事前のお申し込みが必要です。

①ご参加希望の方
https://select-type.com/ev/?ev=WpNxpZT2cvE
※締切:2021年5月28日(金)17:00
※定員に達した場合は申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。
※世界摂食障害アクションデイ2021の申込フォームと同じです。

②発表希望の方
下記のURLをご参照の上、お申込みください。
申込フォーム:https://select-type.com/ev/?ev=BaQwZaiazho
申込締切:2021年5月16日(日)

参考資料

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健に関する技術研修
「第18回摂食障害治療研修」(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
日時 令和3年6月9日(水)~11日(金)(3日間)
場所 Zoomを使用したオンライン講座
対象者 病院、保健所、精神保健福祉センター等に勤務し、摂食障害に関心を有する医療従事者
・精神科、心療内科、一般内科、小児科で臨床に従事している医師
・臨床心理業務等に従事する者
・看護師および保健師、作業療法士、精神保健福祉士、栄養士等
プログラム

摂食障害の病態と治療に関する最新の知見。摂食障害に関する専門的な知識及び技術の習得を目的とする。このことにより摂食障害の治療者・医療スタッフの養成を目指す。

定員 100名(応募者多数の場合は選考)
参加料 15,000円(事後払い)
申込み・
問い合わせ先

※所属長の推薦書の送付が必要です
申込期間:令和3年4月1日(木)~4月27日(火)
WEBでの申込完了後1週間以内(最終締切4/30(金))に、推薦書と守秘義務誓約書をご郵送ください。
(詳細は募集要項をご確認ください)
https://www.ncnp.go.jp/18_sesyoku.html

【推薦書郵送先】
〒187-8553 東京都小平市小川東町4-1-1
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
研究所事務室 研修担当 宛

摂食障害の心理支援講座
第2期:子どもの摂食障害の特徴と治療:未来ある子どもと家族に寄り添い身体を守る (終了しました)

主催 一般社団法人日本摂食障害協会
日時 第1回:令和3年8月11日(水)0時~8月22日(日)12時【録画配信】
第2回:令和3年8月22日(日)13時30分~15時30分【ライブ配信講演会】
場所 Zoomを用いてのオンラインでの開催です
対象者 ・摂食障害の診療、治療、相談に携わる職種の方
(臨床心理士、公認心理師、医師、看護師、教員、PSW、管理栄養士、薬剤師、作業療法士、理学療法士)
・それぞれの職種の資格取得のために勉強中の学生、大学院生
※上記にあてはまらない当事者やご家族は対象としていません。
プログラム

・第1回:録画配信(各講義90分)
-講義1「小児摂食障害の特徴と対応」
講師:作田亮一先生
-講義2「小児摂食障害の家族療法(FBT)」
講師:荻原かおり先生

・第2回:ライブ配信講演会
-講義3「症例から学ぶ小児摂食障害の入院治療」
講師:大谷良子先生
-質疑応答
講師:作田亮一先生、荻原かおり先生、大谷良子先生

定員 一般:先着80名
学生、大学院生:先着10名
参加料 一般:10,000円
学生、大学院生:4,000円
※第1回+第2回の受講費合計金額となります。
申込み・
問い合わせ先

【申込】
事前のお申し込みが必要です。下記URLよりお手続きをお願いします。
https://jaedseminar2.peatix.com/

【申し込み締切】
令和3年8月7日(土)17時
※定員に達した場合は、申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。

【お問い合わせ窓口】
一般社団法人日本摂食障害協会
Mail:seminar@jafed.jp
(※各種お問合せは、Eメールのみにて承ります)

【備考】
※本講座は、第1回と第2回を受講できる方が対象です。どちらか1回だけの受講はできません。また、何らかの理由で1回しか受講できなかった場合でも差額分の返金等には応じかねます。ご了承ください。
※第1回の講義内容を前提に第2回で質疑応答を行うため、第1回の講義を必ず受講してから第2回にご参加ください。
※本講座はキャンセル待ちの対応は行いません。
※臨床心理士資格更新のためのポイントを申請予定です(第1回と第2回の受講と、アンケートへの回答が必須となります。お名前とご所属(または登録メールアドレス)が記入されていない場合は、受講したことが証明されませんのでご注意ください)。

参考資料
令和2年度

摂食障害の心理支援講座
第1期:行動の『制限』の意味、症状を手放すこと(終了しました)

主催 一般社団法人日本摂食障害協会
日時 ・第1回:令和3年2月10日(水)0:00~2月21日(日)9:59 【録画配信】
・第2回:令和3年2月21日(日)10:00~12:00 【ライブ配信講演会】
場所 Zoomを使用したオンライン講座
対象者 ・摂食障害の診療、治療、相談に携わる職種の方
(臨床心理士、公認心理師、医師、看護師、教員、PSW、管理栄養士、薬剤師、作業療法士、理学療法士)
・それぞれの職種の資格取得のために勉強中の学生、大学院生
※上記にあてはまらない当事者やご家族は対象としていません。
プログラム

第1回:録画配信(各講義2時間)

-講義1 外来治療の中での「小さい制限」の在り方
 講師:西園マーハ文先生
-講義2 症状を手放すこと~入院治療の場合~
 講師:林公輔先生

第2回:ライブ配信講演会

-講義1・2のポイント解説
-質疑応答
 講師:西園マーハ文先生、林公輔先生
定員 一般:先着80名
学生、大学院生:先着10名
参加料 一般:10,000円
学生、大学院生:4,000円
※第1回+第2回の受講費合計金額となります
申込み・
問い合わせ先

・申込
事前のお申し込みが必要です。下記URLよりお手続きをお願いします。
https://jaedseminar1.peatix.com

・申し込み締切
令和3年2月8日(月)18:00
※定員に達した場合は、申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。

・お問い合わせ窓口
一般社団法人日本摂食障害協会
seminar@jafed.jp
※各種お問合せは、Eメールのみにて承ります

【備考】

※本講座は、第1回と第2回を受講できる方が対象です。どちらか1回だけの受講はできません。また、何らかの理由で1回しか受講できなかった場合でも差額分の返金等には応じかねます。ご了承ください。
※第1回の講義内容を前提に第2回で質疑応答を行うため、第1回の講義を必ず受講してから第2回にご参加ください。
※本講座はキャンセル待ちの対応は行いません。
※臨床心理士資格更新のためのポイントを申請予定です(第1回と第2回の受講と、アンケートへの回答が必須となります。お名前とご所属(または登録メールアドレス)が記入されていない場合は、受講したことが証明されませんのでご注意ください)。
参考資料

摂食障害治療研修1日コース
~初心者が知っておくべき外来治療~(終了しました)

主催 摂食障害全国基幹センター
日時 令和 3年1月24日(日)
9時30分~16時30分
場所 Zoomを使用したオンライン講座
対象者 病院、診療所、保健所、精神保健福祉センター等に勤務し、摂食障害に関心を有する医療従事者
(医療系の有資格者、摂食障害の治療経験は問いません)
・精神科、心療内科、内科、小児科、婦人科等で臨床に従事している医師
・臨床心理士/公認心理師
・看護師および保健師、作業療法士、精神保健福祉士、管理栄養士
プログラム

1) 「摂食障害の今」

講師:安藤 哲也(国立精神・神経医療研究センター)

2) 「一般医でもできる初期治療」

講師:髙倉 修(九州大学)

3) 「摂食障害の理解 患者、家族にどう伝えるか」

講師:佐藤 康弘(東北大学)

4) 「摂食障害の専門的治療と紹介の方法」

講師:山内 常生(大阪市立大学)

5) 「症例からみる摂食障害の治療の流れとコツ」

講師:河合 啓介(国府台病院)
定員 250名
参加料 無料
申込み・
問い合わせ先

・お問い合わせ窓口
国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 行動医学研究部 摂食障害研修担当
ed_kenshu@ncnp.go.jp
*各種お問合せは,Eメールのみにて承ります
*件名は「摂食障害研修問い合わせ」としてください。

・申込
事前のお申し込みが必要です。下記URLよりお手続きをお願いします。
https://www.ncnp.go.jp/info/docs/2020edkenshu.pdf

・申込受付期間
令和2年11月16日(月)~令和2年12月18日(金)
※お申込み期間の終了と多数のご応募により受付は締め切らせていただきました。

参考資料

家族ができる神経性やせ症の食事支援(終了しました)

主催 一般社団法人日本摂食障害協会
日時 令和2年 6月28日、7月26日、8月30日、9月27日、10月25日、12月6日(全6回)
9時30分~10時30分
場所 Zoomを使用したオンライン講座
対象者 神経性やせ症患者を支えるご家族
※専門職の方もご受講いただけます
プログラム

・第1回:Class1(6月28日)神経性やせ症とは?

-神経性やせ症の定義
-合併症や栄養問題
-治療の種類・選択肢
-どうして食事が難しいの?
-なぜ家庭での食事支援が必要なのか?

・第2回:Class2(7月26日)家庭での食事・献立の工夫

-回復に必要な食事と栄養
-食事環境の工夫
-献立の工夫

・第3回:Class3(8月30日)家族の適切な対応と接し方

-本人の苦痛を和らげるための声かけ(食事の前、最中、後)
-体重増加を妨げる問題行動にどう対応するか(排出行動、運動)

・第4回:Class4(9月27日)ロールプレイ

-神経性やせ症で起こり得るシチュエーションを講師陣が実際に演じ、リアルタイムで対処法を学びます

・第5回:Class5(10月25日)体験談

-神経性やせ症を克服した人の体験談を具体的にシェアしてもらいます

・第6回:Class6(12月6日)Q&A

-6クラスのまとめ
-質疑応答
-今後について
定員 各回60名
参加料 1回3,000円(消費税含む)
申込み・
問い合わせ先

・お問い合わせ窓口
一般社団法人日本摂食障害協会
r.hayashi@jafed.jp(*各種お問合せは,Eメールのみにて承ります)

・申込
事前のお申し込みが必要です。下記URLよりお手続きをお願いします。
https://www.jafed.jp/paid-seminar/

※申込受付期間
受講チケットは開講4日前の水曜日12:00まで購入できます。
第1回講義 2020年6月24日(水)12:00まで
第2回講義 2020年7月22日(水)12:00まで
第3回講義 2020年8月26日(水)12:00まで
第4回講義 2020年9月23日(水)12:00まで
第5回講義 2020年10月21日(水)12:00まで
第6回講義 2020年12月2日(水)12:00まで
※定員に達した場合は申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。

参考資料

摂食障害を考える ―私たちの主張2020―(終了しました)

主催 一般社団法人日本摂食障害協会
日時 令和2年6月7日(日)13時00分~15時00分
場所 Zoomを使用したオンラインイベント
対象者 どなたでもご参加いただけます
プログラム 拒食や過食で困っているご本人とご家族、治療や支援に関わる人々など、様々な立場の方が「摂食障害」について自分の主張を発表します。

1)日本摂食障害協会からのご挨拶とメッセージ
・一般社団法人日本摂食障害協会 理事長 鈴木眞理

2)「新型コロナウイルス感染症が当事者生活に与える影響についてのアンケート調査」結果発表
・一般社団法人日本摂食障害協会 理事 西園マーハ文

3)摂食障害について考える 私たちの主張2020
・進行:一般社団法人日本摂食障害協会 フェロー 小原千郷
定員 300名程度
参加料 無料
申込み・
問い合わせ先
事前のお申し込みが必要です。下記URLよりお手続きをお願いします。
https://select-type.com/ev/?ev=L_Kf50SuFMo
※締切:(参加申込)令和2年6月1日(月)
※定員に達した場合は申し込みを終了させていただきますので、予めご了承ください。
令和元年度

CBT-Eを実行する:実践家のための1日臨床ワークショップ
Implementing CBT-E: a one-day clinical workshop for practitioners(終了しました)

主催 第23回日本摂食障害学会学術集会
日時 令和元年11月4日(月・祝)9:30~16:30
場所 国立精神・神経医療研究センター教育研修棟ユニバーサルホール
(〒187-8553 東京都小平市小川東町4-1-1)
対象者 ・医師、看護師、公認心理師/臨床心理士(守秘義務を有する方)
・「神経性過食症に対する認知行動療法(CBT-E)研修会」の受講修了者、またはそれに相当するCBT-Eの知識を持つ方
プログラム ザフラ・クーパー教授による摂食障害の認知行動療法改良版(CBT-E)の概説、ケース検討、ディスカッション、質疑応答。クーパー教授はCBT-E開発者の一人である。(通訳つき)
定員 100名(申し込み締め切り9月30日)
受講料 日本摂食障害学会会員 10,000 円、非会員 15,000 円
申込み・
問い合わせ先
第23回日本摂食障害学会学術集会ホームページに掲載
http://www.pw-co.jp/23jsed/index.html

養護教諭のための摂食障害ゲートキーパー研修会
~「摂食障害に関する学校と医療のより良い連携のための対応指針」を利用して~(終了しました)

日時 令和元年11月3日(日)15時~17時(受付14:30~、開場14:50を予定)
場所 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館1Fセミナールーム
(東京都小平市小川東町4-1-1)
対象者 養護教諭、スクールカウンセラー・教員・管理職
プログラム 摂食障害の概説、「摂食障害に関する学校と医療のより良い連携のための対応指針」の解説、症例(事例)提示と実際の指針の適用について解説します。
定員 120名(事前申し込み不要、直接会場の受付にお越しください)
受講料 1000円
申込み・
問い合わせ先
第23回日本摂食障害学会学術集会ホームページに掲載
http://www.pw-co.jp/23jsed/lecture.html

第23回日本摂食障害学会学術集会(終了しました)

大会長 安藤哲也(国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所)
会期 令和元年11月2日(土)~3日(日)
場所 国立精神・神経医療研究センター教育研修棟ユニバーサルホール
(〒187-8501 東京都小平市小川東町4-1-1)
学会テーマ 摂食障害医療の課題-アンメットニーズにどう応えるか-
開催内容 海外招聘講演、特別講演、教育講演、シンポジウム、一般演題
運営事務局 株式会社プランニングウィル
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル6F
Tel:03-6801-8084
FAX:03-6801-8094
E-mail:23jsed@pw-co.jp
URL http://www.pw-co.jp/23jsed/

精神保健に関する技術研修
第17回摂食障害治療研修(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所
日時 令和元年9月17日(火)~20日(金)4日間
場所 国立精神・神経医療研究センター研究所3号館セミナールーム
(〒187-8553 東京都小平市小川東町4-1-1)
対象者 病院、保健所、精神保健福祉センター等に勤務し、摂食障害に関心を有する医療従事者(精神科、心療内科、一般内科、小児科、産婦人科等で臨床に従事している医師、臨床心理業務等に従事する者、看護師および保健師、作業療法士、精神保健福祉士、栄養士等)
プログラム 摂食障害の病態と治療に関する最新の知見に関して、講義および実習を行います。
定員 60名(申し込み多数の場合は選考)
受講料 24,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は事前申し込みが必要です(申込期間:令和元年7月10日(水)~7月30日(火)、要推薦書)。申し込み方法を含め詳細は下記をご参照ください。
https://www.ncnp.go.jp/nimh/kenshu

第4回神経性過食症に対する認知行動療法(CBT-E)研修会(終了しました)

主催 日本心身医学会、日本心療内科学会、日本摂食障害学会合同ワーキンググループ
日時 令和元年8月4日(日)
9時半~17時半
場所 国立精神・神経医療研究センターユニバーサルホール
(〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1)
対象者 医療機関に勤務する医師、看護師、精神保健福祉士、公認心理師、栄養士などの国家資格、および臨床心理士資格を持つ医療従事者
プログラム 2018年4月より神経性過食症に対する認知行動療法に対して診療報酬を算定することが可能となった、「摂食障害に対する認知行動療法CBT-E簡易マニュアル」に沿って行う
定員 100名(先着順)
受講料 会員(心身医学会、心療内科学会、摂食障害学会いずれかの会員):10,000円、非会員:15,000円
申込み・
問い合わせ先
神経性過食症に対する認知行動療法CBT-E簡易
マニュアル運用のための研修会ワーキンググループ事務局
国立国際医療研究センター国府台病院心療内科 庄子 雅保
E-mail:cp-shoji@hospk.ncgm.go.jp

静岡県摂食障害フォーラム(終了しました)

主催 静岡県・静岡県摂食障害治療支援センター
日時 ①令和元年6月15日(土)
②令和元年7月20日(土)
③令和元年8月3日(土)
13時半~15時半(開場13時)
場所 ①男女共同参画センターあざれあ(静岡市)
(〒422-8063 静岡県静岡市駿河区馬渕1-17-1)
②アクトシティ浜松研修交流センター(浜松市)
(〒430-7790 静岡県浜松市中区中央3-9-1)
③プラサヴェルデ(沼津市)
(〒410-0801 静岡県沼津市大手町1-1-4)
対象者 一般市民・支援者、ご家族、当事者
プログラム 一般市民向け、ご家族向け、当事者向けの3つの企画構成となっています。一般市民向け講座は、支援者の方も含めてどなたでもご参加いただけます。事例を交えた具体的な治療の講義を受けて頂きます。
定員 各60名、50名、10名
受講料 無料
申込み・
問い合わせ先
静岡県摂食障害治療支援センター
(浜松医科大学附属病院精神科内)
Tel:053-435-2295
平日9時~15時半にご連絡下さい。
平成30年度

静岡県摂食障害フォーラム(終了しました)

主催 静岡県・静岡県摂食障害治療支援センター
日時 平成30年12月22日(土)
13時半~15時半(開場13時)
場所 アクトシティ浜松研修交流センター
支援者:62研修交流室
ご家族:51研修交流室
当事者:405会議室
(〒430-7790 静岡県浜松市中区中央3-9-1)
対象者 支援者、ご家族、当事者
プログラム 支援者向け、ご家族向け、当事者向けの3つの企画構成となっています。支援者の方には、事例を交えた具体的な治療の講義を受けて頂き、当事者、ご家族の方には、それぞれ回復傾向にあるピアサポーターとその家族のお話を聞きながら、思いを話し合って頂く時間となっております。
定員 各80名、50名、20名
受講料 無料
申込み・
問い合わせ先
静岡県摂食障害治療支援センター
(浜松医科大学附属病院精神科内)
電話:053-435-2295
平日9時~15時半にご連絡下さい。

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健に関する技術研修
「第15回摂食障害看護研修」(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
日時 平成30年10月31日(水)~11月2日(金)(3日間)
場所 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館セミナールーム
対象者 精神科、心療内科、小児科、精神保健福祉センター等に勤務する看護師および保健師、作業療法士、精神保健福祉士、栄養士等
プログラム 摂食障害の病態と治療に関する最新の知見に関して、講義および実習を行ないます。
定員 50名(応募者多数の場合は選考)
受講料 18,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は事前にお申込みが必要です(申込期間:平成30年8月23日(木)~9月12日(水)、要推薦書)。申し込み方法を含め詳細は下記をご参照ください。
http://www.ncnp.go.jp/nimh/kenshu/index.html

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健に関する技術研修
「第16回摂食障害治療研修」(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
日時 平成30年8月28日(火)~31日(金)(4日間)
場所 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館セミナールーム
対象者 病院、保健所、精神保健福祉センター等に勤務し、摂食障害に関心を有する医療従事者(精神科・心療内科・一般内科・小児科で臨床に従事している医師、臨床心理業務等に従事する者)
プログラム 摂食障害の病態と治療に関する最新の知見に関して、講義および実習を行ないます。
定員 50名(応募者多数の場合は選考)
受講料 24,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は事前にお申込みが必要です(申込期間:平成30年6月20日(水)~7月10日(火)、要推薦書)。申し込み方法を含め詳細は下記をご参照ください。
http://www.ncnp.go.jp/nimh/kenshu/index.html
平成29年度

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健に関する技術研修
「第15回摂食障害治療研修」(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
日時 平成29年8月29日(火)~9月1日(金)(4日間)
場所 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館セミナールーム
対象者 病院、保健所、精神保健福祉センター等に勤務し、摂食障害に関心を有する医療従事者(精神科・心療内科・一般内科・小児科で臨床に従事している医師、臨床心理業務等に従事する者)
プログラム 摂食障害の病態と治療に関する最新の知見に関して、講義および実習を行ないます。
定員 50名(応募者多数の場合は選考)
受講料 24,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は事前にお申込みが必要です(申込期間:平成29年6月19日(月)~7月10日(月)、要推薦書)。申し込み方法を含め詳細は下記をご参照ください。
http://www.ncnp.go.jp/nimh/kenshu/index.html

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健に関する技術研修
「第14回摂食障害看護研修」(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
日時 平成29年11月8日(水)~11月10日(金)(3日間)
場所 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館セミナールーム
対象者 精神科、心療内科、小児科、精神保健福祉センター等に勤務する看護師および保健師、作業療法士、精神保健福祉士、栄養士等
プログラム 摂食障害の病態と治療に関する最新の知見に関して、講義および実習を行ないます。
定員 50名(応募者多数の場合は選考)
受講料 18,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は事前にお申込みが必要です(申込期間:平成29年8月28日(月)~9月19日(火)、要推薦書)。申し込み方法を含め詳細は下記をご参照ください。
http://www.ncnp.go.jp/nimh/kenshu/index.html
平成28年度

摂食障害研修(終了しました)

主催 国立国際医療研究センター国府台病院
日時 平成29年2月2日(木)~3日(金)(2日間)
場所 国立国際医療研究センター国府台病院 外来管理治療棟5階 講義室
対象者 医師、看護師、その他コメディカル
プログラム 摂食障害の診断、外来・入院治療/栄養指導の実際/理学療法の実際/事例検討/ソーシャルワーカーの役割/臨床心理士の役割/摂食障害のチーム医療 症例提示(入院治療の実際)/摂食障害の看護/事例検討/座談会
定員 15名
受講料 10,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は平成28年12月22日で申込みを締め切りました。詳細は国府台病院のウェブサイトに掲載してあります摂食障害研修のご案内をご覧下さい。

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健に関する技術研修
「第13回摂食障害看護研修」(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
日時 平成28年11月9日(水)~11月11日(金)(3日間)
場所 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館セミナールーム
対象者 精神科、心療内科、小児科、精神保健福祉センター等に勤務する看護師および保健師、作業療法士、精神保健福祉士等
プログラム 摂食障害の病態と治療に関する最新の知見に関して、講義及び実習を行ないます。
定員 40名(応募者多数の場合は選考)
受講料 18,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は事前にお申込みが必要です(申込期間:平成28年9月2日(金)~9月23日(金)、要推薦書)。
申し込み方法を含め詳細は下記をご参照ください。

国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所 精神保健に関する技術研修
「第14回摂食障害治療研修」(終了しました)

主催 国立精神・神経医療研究センター 精神保健研究所
日時 平成28年8月30日(火)~9月2日(金)(4日間)
場所 国立精神・神経医療研究センター 研究所3号館セミナールーム
対象者 病院、保健所、精神保健福祉センター等に勤務し、摂食障害に関心を有する医療従事者(精神科・心療内科・一般内科・小児科で臨床に従事している医師、臨床心理業務等に従事する者)
プログラム 摂食障害の病態と治療に関する最新の知見に関して、講義及び実習を行ないます。
定員 40名(応募者多数の場合は選考)
受講料 24,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は事前にお申込みが必要です(申込期間:平成28年6月24日(金)~7月15日(金)、要推薦書)。
申し込み方法を含め詳細は下記をご参照ください。
平成27年度以前

摂食障害研修(終了しました)

主催 国立国際医療研究センター国府台病院
日時 平成28年2月4日(木)~5日(金) (2日間)
場所 国立国際医療研究センター国府台病院 外来管理治療棟5階 講義室
対象者 医師、看護師、その他コメディカル
プログラム 摂食障害の診断、外来・入院治療/栄養指導の実際/理学療法の実際/事例検討/ソーシャルワーカーの役割/臨床心理士の役割/摂食障害のチーム医療 症例提示(入院治療の実際)/摂食障害の看護/事例検討/座談会
定員 15名
受講料 5,000円
申込み・
問い合わせ先
本研修は平成27年12月14日で申し込みを締め切りました。
詳細は国府台病院のウェブサイトに掲載してあります摂食障害研修のご案内をご覧下さい。

看護師のための社会精神医学セミナー
―摂食障害について考える―(終了しました)

主催 一般社団法人 日本社会精神医学会
日時 平成27年10月31日(土) 13時~16時
場所 AP品川 10階
対象者 看護師(医師、臨床心理士等他職種も参加可)
プログラム
  • 講演
  • 「摂食障害の病理の理解と治療の考え方」
    西園マーハ文

    「大学病院精神科と精神科病院における摂食障害の治療」
    林公輔

    「摂食障害の治療:内科医の立場、そして家族会を運営してきた立場から」
    鈴木眞理

討論

定員 200名
受講料 非会員 4,000円 会員2,000円 学生 1,000円
申込み・
問い合わせ先
日本社会精神医学会事務局 webmaster@jssp.info
電話番号:03-3462-1184 FAX:03-3462-1185
詳細は下記をご参照下さい。