摂食障害で悩んでいる方へ

小・中学生のみなさんへ

体重たいじゅうべかたのことでなやんでいるみなさんへ

ふとるのがこわい」、「べるのがこわい」、「カロリーがたかそうなものはべたくない」、「体重たいじゅうのことがになってしかたがない」、このようなことでこまっているひとはいませんか?みなさんは、なぜべることや体重たいじゅうについて、心配しんぱいしたりなやんだりするようになったのでしょうか。お友達ともだちに「ふとっている」とからかわれ、つらいおもいをしたひともいるのではないでしょうか。ほかにも、こころのなやみから、やせてしまったひともいるかもしれません。なんとなくダイエットをはじめたけれど、お友達ともだちやまわりのひとに「やせたね」とほめられて、ますます「やせたい」とおもった人もいるのではないかとおもいます。

しかし、やせてしまったり、体重たいじゅうがふえなくなったりすると、みなさんのからだやこころによくないことがおこります。やせはじめはむしろこれまでより元気げんきかんじてしまうこともありますが、やせがすすむと次第しだいからだがつかれやすい、体温たいおんひくくなる、便秘べんぴがひどくなる、かみがぬけやすい、皮膚ひふがカサカサになる、勉強べんきょう集中しゅうちゅうできなくなる、などからだ調子ちょうしをくずしてしまいます。小学生しょうがくせい中学生ちゅうがくせいのみなさんは、体重たいじゅうがふえ、身長しんちょうがのびる成長せいちょうのとちゅうにあります。この大切たいせつせい長期ちょうき体重たいじゅうがふえないと、身長しんちょうののびがとまる心配しんぱいがあります。また、やせのために初潮しょちょう(初めての生理せいり)がおくれたり、生理せいりなく(無月経むげっけい)なってしまうこともあります。やせたままで大人おとなになると、あかちゃんができにくくなくなることもあります。また、ほねよわくなり、ころんだだけでほねれたりすることもあるのです。また、べないことがながつづくと、過食かしょく(いつも以上いじょうにたくさんべてしまうこと)や嘔吐おうとものくこと)をするようになり、それがくせになってしまうことがあります。

ですから、体重たいじゅうがへっている、体重たいじゅうがふえない、やせて生理せいりがとまってしまった、べていてしまう、このようなことでこまっているひとは、自分じぶんからだをまもるためにも、勇気ゆうきして、家族かぞくにそうだんしてみましょう。学校がっこう担任たんにん先生せんせい保健ほけん先生せんせいにそうだんするのもよいでしょう。また、こころのなやみや心配しんぱいごと、になっていることも、そうだんできるといいですね。そうだんすることは、けしてはずかしいことではありません。みなさんがからだこころ元気げんきで、すこやかに成長せいちょうすることをこころよりねがっています。

食事しょくじ栄養えいようについてはこんなことにをつけよう!

  • 食事しょくじは1にち3しょく、よくかんでべましょう。
  • きらいせず、栄養えいようバランスよくべましょう。
  • ③ みんなでたのしく、食事しょくじ感謝かんしゃしてべましょう。