摂食障害で悩んでいる方へ

摂食障害で悩むあなたへ

今まさに、体のだるさや疲れやすさ、冷えなどの体調の悪さを自覚している方もおられることでしょう。また、体重の変化に一喜一憂して気分が不安定になったり、食事のことで頭がいっぱいになったり、周囲から孤立してしまったりといった悩みはありませんか。ご家族との関係に問題を抱えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。摂食障害は食行動や体の問題を治すだけでなく、心の問題も同時に治療していくことがとても大切です。治療をしていても少しも治っていないような気になって、このまま続けていてよくなるのだろうかと不安に思ったり、治療がつらいと感じて病院を替えたいと思ったりしている方もいらっしゃるかもしれません。まずは、その不安やつらい気持ちを治療者に伝えて、話し合うことが大切です。

もしかするとあなたの心のなかには「治りたい自分」と「治したくない自分」とがあり、そうした葛藤の中で治療を受けられている方や受診をためらっている方も少なくはないと思います。たとえば、やせていれば何でもうまくいくような気がしていたり、他の人よりやせることでしか自信を持てなかったりして、摂食障害を治療することでこれまでのようにうまくいかなくなるのではないか、自信が持てなくなるのではないかと、悲しくなったり怖くなったりしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。摂食障害の治療は、食行動の改善や体重の回復が必要ですが、同時にこうした恐怖や悲しみを治療者や周囲の支えてくれる人たちと一緒に乗り越え、現実的な新たな生き方を探していく作業なのかもしれません。それゆえに、治療はゆっくりと期間をかけて行う必要があります。

摂食障害は長く続くと命にかかわることや骨粗しょう症などの重大な体の障害が生じることがあります。今治療を受けているあなた、あきらめずに治療を続けてください。そして、まだ治療を受けていないあなた、勇気を出して受診をしてみてください。